ネタ部
訳ありでメディアに取り上げられないネタ、意外と知られていないネタ、不当に扱いの低いネタなど・・・
skyticket 無料blog 日払い
アフィリ
エイト
激安!!
リサイクル
パソコン
200508<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200510
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『きっこの日記』の内容に誤りがあり、謝罪文掲載
 久しぶりに日記を書く。今さらだけれど総選挙は小泉首相の自民党が圧勝。その小泉首相を「コイズミ」と呼んで、自分の日記サイト『きっこの日記』で繰り返し批判していたサイトの管理人の過去の日記の警察の不祥事について書いた文章中に間違いがあり、謝罪文を掲載した。

以下、その謝罪文
-------------------------------------------------------------
2005年6月26日の日記において、私の調査不足、確認不足によって、一部、間違えた情報を掲載してしまいました。それにより、該当問題に全く関係の無かった会社、及び関係者各位に、多大な迷惑を掛けてしまいました。

該当箇所の削除、修正をするとともに、ここに謝罪いたします。
本当に申し訳ありませんでした。

今後は、二度とこのような間違いをしないように、十分に注意することを約束いたします。

「きっこの日記」  きっこ

(『きっこの日記』より 9/20)
-------------------------------------------------------------

訂正した後の文章
-------------------------------------------------------------
だけど、幻覚を見たり幻聴が聞こえるようになるまで、覚醒剤にドップリと浸かっていた、この事件の張本人、酒寄美久が、このあとどうなったかって言うと、なんと、元警視総監の故・川合寿人が社長を務めてた警備会社に、神奈川県警の幹部のコネで再就職し、ナニゴトも無かったかのように平然と働いているのだ。恥も外聞も無い人間のクズ、酒寄美久は、この会社でノンキに働いているけど、こいつに指示を出されてる現場のガードマンたちは、まさか自分の上司が、覚醒剤中毒で警察を追われた元警察官だとは思っていないだろう。それにしても、一般市民が覚醒剤に手を出した場合に、警察は、わざわざ証拠を隠してくれた上に、再就職の口まで斡旋してくれるだろうか?
(『きっこの日記』より 6/26)
-------------------------------------------------------------

Yahoo!検索のキャッシュに残っていた、訂正する前の文章
-------------------------------------------------------------
だけど、幻覚を見たり幻聴が聞こえるようになるまで、覚醒剤にドップリと浸かっていた、この事件の張本人、酒寄美久が、このあとどうなったかって言うと、なんと、元警視総監の川合寿人が社長を務める警備会社、「株式会社JSS(ジャパン・セキュリティ・サポート)」に、神奈川県警の幹部のコネで再就職し、ナニゴトも無かったかのように平然と働いているのだ。当時、92才だった川合寿人は、2年後に亡くなり、現在は、倭××樹(し××××き)が社長を継いでいるけど、社員580人、派遣社員1700人の大きな会社だ。恥も外聞も無い人間のクズ、酒寄美久は、この会社でノンキに働いているけど、こいつに指示を出されてる現場のガードマンたちは、まさか自分の上司が、覚醒剤中毒で警察を追われた元警察官だとは思っていないだろう。それにしても、一般市民が覚醒剤に手を出した場合に、警察は、わざわざ証拠を隠してくれた上に、再就職の口まで斡旋してくれるだろうか?
(『きっこの日記』より 6/26)
-------------------------------------------------------------

 覚醒剤事件で捕まった元警官が就職を斡旋してもらった会社は、おそらく、JALグループ企業で、警察OBがたくさん在籍する「株式会社ジェイ・エス・エス」という会社であり、固有名詞が出てきた倭××樹という人が社長を務める「株式会社JSS(旧社名:日本セキュリティサービス)」という会社は、同業者だけれど、元警官とは何の関係もないと思われる。
 間違えられた会社の関係者がネット上で、この文章を見つけて指摘したんだろうか。管理人の言う通り、悪意はなかったけれど、調査不足、確認不足だったということだろうか。逆に言うと、今までかなり固有名詞を挙げて批判してきたけれど、謝罪文を掲載しなければならなくなったのは今回が初めてなので、これまでの内容は、ほぼ信頼性があるということかもしれない。『きっこの日記』が、今後どうなるか注目してみることにする。












謝罪の技術



日本警察と裏金―底なしの腐敗



追及・北海道警「裏金」疑惑

スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。