ネタ部
訳ありでメディアに取り上げられないネタ、意外と知られていないネタ、不当に扱いの低いネタなど・・・
skyticket 無料blog 日払い
アフィリ
エイト
激安!!
リサイクル
パソコン
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月の『TVウワサの真相』(朝日ニュースター)
噂の真相第7回(10月分)の『TVウワサの真相』(朝日ニュースター)が放送された。

■テーマ「混迷イラクを操る影」
≪コメンテーター≫天木直人(元外交官)、野中章弘(アジアプレス・インターナショナル代表)、ベンジャミン・フルフォード(ジャーナリスト)、田岡俊次(朝日ニュースターコメンテーター)
≪VTR出演≫大野元裕(中東調査会上席研究員)、綿井健陽(ビデオジャーナリスト)、奥菜秀次(歴史研究家)
≪番組顧問≫岡留安則(『噂の眞相』元編集長)
≪キャスター≫小西克哉(国際ジャーナリスト)
≪アシスタント≫河田京子


◆内容◆

○1月の総選挙以来、宗派対立が続き、それにさらに部族対立が絡んでいる。バラバラだった反主流派のスンニ派が纏まりはじめ、さらにシーア派内の反主流派のサドル派が加わり、内戦に発展する可能性が強まっている。(大野)

○主権がイラクに委譲されたにもかかわらず、イギリス軍が刑務所を攻撃したために、反英デモが連日起きている。(大野)

○イラクの混乱の原因はアメリカの駐留である。アメリカ軍がイラクに来たために、外国人テロリストが毎月何百人もイラクに入ってきている。(野中)

○ブッシュ大統領は、9.11の前に「カーライル」というファンドを設立して軍事株を買い、大儲けした。実質的にインサイダー取引である。(フルフォード)

○9.11の時、墜落した旅客機の機体の下の部分には普通民間機には無いはずの物体が映像に映っていた。またペンタゴンに墜落した機体についての映像がないのはおかしい。(フルフォード)

○元々ブッシュとビン・ラディンは深い関係があり、ビン・ラディンはCIAの仕事をしていた。(フルフォード)

○イラク戦争はでっち上げの理由で始まった。また、すでにイラクで内戦は始まっている。(フルフォード)

○ビン・ラディンとフセインは仲が悪く、湾岸戦争の時、ビン・ラディンの部隊は多国籍軍側について戦った。(田岡)

○6割のシーア派と2割のクルド人が、2割のスンニ派と対立している。クルド人は親米的だが、シーア派は親米的というわけではない。(田岡)

○アメリカは何が何でも予定通り12月にイラクの総選挙を実施して面子を保ち、なるべく早く軍を撤退させたいと考えている。(田岡)

○アメリカの最大の誤算は、軍事基地から一般市民が兵器や弾薬を運び去り、それがテロに利用されたことである。(奥菜)

○アメリカ人は国際情勢に無知なので、9.11の裏にビン・ラディンがいるという風説を本気で信じている人もいる。(田岡)

○アメリカの秘密機関で働いている人の中から、大量破壊兵器がイラクにあるということを理由にして活動しろと指示されたという証言が続々出ている。今はアメリカ人も、大量破壊兵器をイラクが保有していたというアメリカ政府の事実認定は捏造であると思っている。(フルフォード)

○アメリカがイラク戦争を始めた最大の理由は、イスラエルの安全保障のためである。(天木)

○「国連決議を一番破った国はイスラエルである。大量破壊兵器を一番所有している国はイスラエルで核弾頭を200発保有している。」とタブーを言い続けているフセインは、イスラエルにとって目の上のタンコブである。(天木)

○9.11以来、テロとの戦いの名のもとに、アメリカの軍事行動と同時進行で、イスラエル軍による、ガザ地区とヨルダン川西岸地区のパレスチナ人虐殺が増加した。中東情勢はすべてイスラエル・パレスチナ情勢にリンクしている。(天木)

○日本の中東政策はアメリカと一体で、その傾向は小泉政権以来強まっている。公にはされていないが、日本の外務省はイランに中東紛争から手を引けと言っている。(天木)

○大量破壊兵器をイラクが保有していたという事実の捏造をメディアが検証していくべきだ。(岡留)

○日本は情報分析能力がない。フランス、ドイツ、ロシアの陸軍の専門家やアメリカの将軍は、この戦争はアメリカの負けだとすぐに判断した。(田岡)

○給水任務が終わった後の自衛隊は、たいした活動をしていない。(田岡)

○日本の態度は、サムライの国としては、こそこそ隠れるように活動していて情けなく中途半端である。やるなら徹底的に戦うべきだ。(フルフォード)

○アラブ人は、日本がアメリカの意向に沿って自衛隊を派遣したので、日本人に失望した。(天木)

○日本は国連分担金の2割を拠出し、IMFにも多額の資金を出しているのに蚊帳の外に置かれている。もっと日本人は怒るべきだ。(フルフォード)

○イラクへの自衛隊派遣は、今回の総選挙の争点にして欲しかったけども、そうならなかったので、この番組で取り上げた。日本のメディアはもっとイラクの実態を伝えて欲しい。(岡留)


【一行情報】
○猪口邦子の外相ポストに外務官僚がこぞって抵抗したため小池百合子が有力との説
○「父親の応援なし」を宣言して当選した石原宏高だが父親の慎太郎が影で自公に協力を要請との噂
○不倫メールのS女性議員に「俺も私も」と過去の男たちが名乗りを挙げたとの説
○ダイエット中の林真理子が小泉首相に「それ以上やせなくていい」と言われ大はしゃぎ説
-------------------------------------------------------------

岡留さんはこの番組の顧問なのにいつも口数が少ない上に、ボソボソしゃべるので聞き取りにくい。
田岡さんの言っていることも聞き取りにくいが、これは別の理由で、早口だからである。










噂の女


「噂の真相」イズム
―反権力スキャンダ
リズムの思想と行動



『噂の真相』25年戦記


泥棒国家日本と
闇の権力構造



拒否できない日本
アメリカの日本改造
が進んでいる

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
イラクの投票率65%、千万人が権利行使 スンニ派が予想上回る出足 <気になる単語>・投票率turnout (※他、出席者数等の意味もあります)姉妹誌の「ゴゴタン!毎日5語の受験英単語」メルマガです。語彙を増やしたい方是非!登録フォーム解...
2005/10/16(日) 15:08:08 | 気になるニュースの気になる英単語
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。