ネタ部
訳ありでメディアに取り上げられないネタ、意外と知られていないネタ、不当に扱いの低いネタなど・・・
skyticket 無料blog 日払い
アフィリ
エイト
激安!!
リサイクル
パソコン
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
T-1グランプリ
t-15月9日、下北沢のしもきた空間リバティで行われた「第5回 T-1グランプリ」を観に行った。「T-1グランプリ」とはトークナンバーワン決定戦のことらしい。客は全部で30人位だったと思う。ギャラはきちんと支払われるのだろうか。

出演者は出演順に、
 せーじ(秋葉アイドルイベントプロ司会者)
 高島何とか(女優らしい)
 河合雅史(裏風俗ライター)
 衛藤寛(金融業界代表)
 今井良晴(女子プロレスリング リングアナウンサー)
 なべやかん(漫談家)
 ぜんじろう(stand up comedian)

審査員に日テレのプロデューサー大須賀氏、吉田照美のラジオ番組の構成作家の人、エロ本研究家という肩書きでライターの松沢呉一氏などがいた。

優勝は今井良晴氏ということだった。トークを1分間でまとめあげる職人技で、女子プロレス以外でもイベント関係の仕事の依頼がたくさんある「売れっ子」らしい。確かにトークは上手かったが、ベタ過ぎて、自分的には、この人が優勝というのは納得できなかった。売れっ子なのに、弟4回、第5回と連続で出演してくれたので、審査員がお礼に優勝ということにしたのではないかと思った。(前回は、松沢氏が連れてきたM奴隷に敗れて惜しくも準優勝だったらしい。)グランドチャンピオン大会が8月にあってM奴隷も出演するらしい。


◆面白かったネタ

○秋葉原のアイドルイベントに毎週100万円、年間5000万円使う医者がいる(せーじ) ※本当だろうか?うそ臭い気がしないでもない

○無名塾の役者同士は、「ガラスの仮面」の世界のような足の引っ張り合いがある(高島)

○鶯谷のホテルで、80代の出張ホテトル嬢を呼んでみたら、菅井きん似の人が来て、結局勃たなかった(河合)

○ホモとアナルセックスした後、フェラチオしてあげたら苦い味がしたのは、自分のうんこの味だった(河合)

○銀行は預金額1000万円以下の客はゴミだと思っている(衛藤)

○横山やすしは、師匠の横山ノックが上岡龍太郎らと漫画トリオを組んだので、後輩だった上岡龍太郎にいじめられた。
 上岡が一万円札で作った折り紙の飛行機を飛ばして、横山やすしに拾って来いと言って拾わせたらしい(ぜんじろう)

○前回のT-1グランプリで優勝したM奴隷がいた控え室は、うんこの香りが漂っていた(司会者)



電波男
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。