ネタ部
訳ありでメディアに取り上げられないネタ、意外と知られていないネタ、不当に扱いの低いネタなど・・・
skyticket 無料blog 日払い
アフィリ
エイト
激安!!
リサイクル
パソコン
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大相撲の八百長
--------------------------------------------
平成12年1月21日
板井圭介が日本外国特派員協会で大相撲の八百長を告発。
板井は大鳴戸(高鉄山)の弟子。
その後メディアへの露出が減り、現在の消息は確認できず。

平成8年
大鳴戸が週刊ポストに八百長告発記事。
14回の連載の後、暴露本の出版を決定。
4月26日に協力者の橋本成一郎と共に日本外国特派員協会で会見を開く予定。
橋本は北の冨士のタニマチでキャバレー経営者。
4月14日、会見を前に大鳴戸、橋本の両名が死亡。
両名とも死因は肺炎。
両名とも死亡場所は藤  保健衛生大学病院か。
(『2ちゃんねる生活板』より
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0409/09/1090237365.html)
--------------------------------------------

--------------------------------------------
 今年(平成12年)の1月21日、大相撲初場所の最中に、
日本外国特派員協会において、元小結の板井圭介氏が、
大相撲での八百長についての告発の会見を開き、
大きな反響を呼んだ。
板井氏は現役横綱や大関など20名の力士の実名を挙げ、
これらの力士が八百長をしていることや、現役時代に自分が
いかにして八百長に深くかかわっていたかということなどを
明らかにした。

 大相撲のいわゆる「八百長疑惑」は、今に始まったことではない。
柏鵬時代の昭和38年には、柏戸と大鵬の両横綱の千秋楽での
全勝同士の対戦(柏戸の勝ち)に対し、作家の石原慎太郎氏
(現東京都知事)が「八百長相撲だ」と物言いをつけて一騒動が
あったり、昭和55年には、ある週刊誌に元十両の力士が
「大相撲には八百長が存在する」と告発したりなど、
八百長問題はその度毎に大きな問題となり、いつしか消えていった。
しかし、先述の週刊誌は、その後も八百長の追及を続け、
今でも断続的に告発記事を書いている。
小学館発行の「週刊ポスト」である。

 相撲協会はこれらに告発記事について、始めは徹底して
「無視」を決め込んだ。
「大相撲には八百長はあり得ない」。
この一言ですべての問題を片付け、マスコミも「ポスト」
などの一部週刊誌を除いて、深くは追求しなかった。
しかし、平成8年に、元大鳴戸親方が「ポスト」に
告発記事を書いた頃から、事態は急変することになる。

 元大鳴戸親方は先述の会見をした板井氏の師匠で、
彼の現役時代の八百長とのかかわりを師匠の立場から
告発するとともに、板井氏が八百長の中心人物として
目をつけられており、平成3年に彼が引退する際に、
年寄株(親方になれる権利のこと)を借りられたはずが
当時の二子山理事長(元横綱初代若乃花)のツルの一声で
ムリヤリ廃業させられたことや、元親方が現役時代(関脇高鉄山)
に横綱北の富士(現NHK相撲解説者)の八百長工作に
東奔西走したことや、自身が角界を去る際に年寄株の売却で
3億円もの大金を手に入れたにもかかわらず、領収書もなく、
また税金も一切かからないというずさんな「脱税行為」など、
大相撲の「裏面」を次々と明らかにしていった。  
元親方の「ポスト」での告発記事は14回にも及び、記事の
内容は角界と暴力団との関係や、マリファナの問題など
エスカレートするばかりであった。

そして元親方は、告発連載の集大成ともいうべき暴露本の
出版の準備を始め、また4月26日には元親方の告発を
裏付ける証言を続けてきた元力士で後援者の橋本成一郎氏
とともに、日本外国特派員協会で会見する予定になっていた。
ところが、その会見が目前に迫った4月14日、元親方と
橋本氏は、同じ日に、同じ病院で、同じ原因不明の肺炎で
そろって死亡してしまったのである。
あまりの偶然に、一時は他殺説も流れたほどであった
(この二人の怪死については、今年の「正論」9月号の
安部譲二氏の「日本怪死人列伝第2回」に興味深い記載がある)。
それから約1ヵ月後の5月22日、相撲協会はようやく
重い腰を上げ、「ポスト」の記事の一部に対して東京地検へ
名誉毀損で刑事告訴をしたのである。
(『関西自由主義史観』より
http://homepage1.nifty.com/kaminosumukuni/
soumokuji/kuro2.htm)
--------------------------------------------

 角界の八百長の手配師的役割をしていた板井が力士を辞める際、年寄株を取得していたにも関わらず、親方襲名が認められずに廃業させられました。このことは、板井が相撲協会から見せしめ的懲罰処分を受けたという意味だと思われます。つまり相撲協会が、表向きは八百長の存在を認めていないのにかかわらず、八百長なんかやってると辞めるときに板井のようになるぞ、と力士達へ言外のメッセージを発したと受け取れるのではないでしょうか。

ところで大乃国は八百長を一切やらないガチンコ力士として若手力士皆から尊敬されていたらしい。おかげで15日制となってからの史上初めての皆勤横綱負け越しという記録を残してしまったけれど。



八百長―相撲協会一刀両断


中盆―私が見続けた国技・大相撲の“深奥”
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「貴乃花親方の発言で相撲 八百長 疑惑」に関連するブログ記事から興味深いものを選...
2005/06/26(日) 17:10:12 | ブログで情報収集!Blog-Headline/sports
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。